婚活パーティーにサクラはいるかどうか?

身近にあふれるサクラ的商法

 


数年前、世界的にも有名な某ファストフード店が新商品宣伝のため、人材派遣会社から手配したサクラを店の前に大行列を作らせていたことで企業としてのモラルを大いに問われたことがありましたが、人というのは行列やクチコミ、誇大広告など視覚に訴えられるとどうも乗せられやすいものです。飲食店を選ぶときなど店内がガラガラで従業員が暇そうにしているところよりもある程度客が入っているお店を選ぶのではないでしょうか。自分の中にハッキリとした判断基準がないときは特にそういった行動をしがちです。

 

◇サクラの線引きとは?

 

 

◇婚活パーティーにサクラはいるのか?と聞かれれば多数の業者が存在すること、また人と人の出会いを仲介するというサービスの業態からしてないとは到底言い切れません。どこからをサクラと見なすかという線引きの難しさもありますが、男性からすればその金額はないだろうというような半ば無料に近い参加費で女性を集めているイベントなどはごくごく当たり前のように存在します。実際に耳にした話では女性の募集人数が集まらないときなどは友達連れで参加すれば大幅に参加費用を割り引いたり、主催者側が直接電話やメールで参加の勧誘をすることすらあるようです。真剣な出会いを求めている男女にとっては不都合な真実ですが、すべてのパーティーでこういったことを行われているわけではありません。参加してから真剣さが感じられないような人ばかりだったということがないように事前にネット検索の口コミ、参加パーティーのホームページの情報にもある程度目を通しておきましょう。直感的に怪しさを感じたら参加を見合わせたほうがいいでしょう。またサクラは男女の頭数の調整が目的なので、日常的にパーティーを開催しているところなどは疑ってかかる必要があるでしょう。