婚活における気をつける落とすテクニック術

テクニックに頼りすぎもダメだけど。。。

「男性が女性を落とすテクニック」というと、少し下世話な表現と受け取られるかもしれませんが
そうしたものがあるならぜひ知っておきたいというのも男性の偽らざる本音です。
では女性が男性のどういった点を見ているのか、そしてどういったことに嫌悪感を抱くのか。ここさえはき違えず実践できれば気に入った女性に好意を抱かせる近道になるのではないかと思います。

 

◇「言葉遣いと身だしなみ」なんて聞くと

 

こんなの社会人として最低限のマナーではないかと思うかもしれませんが、初対面の女性となればなおさら重要になってきます。この2つは「自分がこういう人です」ということを相手にアピールする上で欠かすことの出来ないツールですが、いきなり違和感を持たれつまづいてしまうツールにもなり得るので注意が必要です。ここでつまづくようだとそれを挽回するのに相当な時間と労力を要します。下手をすれば一度会ったきりで挽回のチャンスすら与えられずエンディングを迎えてしまうかもしれません。なるべく「?」を抱かせない。これも重要なテクニックのひとつです。お互いが打ち解けて分かり合える段階に至るまでは加点方式ではなく減点方式だという意識を持つことが重要です。
◇「身だしなみ」は挨拶代わりの名刺です。極力生活感を与えないよう清潔感あふれる服装でシンプルを基調としてください。できれば素材と色に季節感を取り入れましょう。コーディネートが苦手なら行きつけのショップで店員にお願いしてみてもいいと思います。これから女性と出会う場に赴くのでから「装い」は大切なポイントです。
◇「言葉遣いや会話」は基本的に丁寧さに比重を置きましょう。初対面時はなおさらです。話術に自信がある方もいるかと思いますが、女性は会話の楽しさよりも誠実な語り口に惹かれる傾向があります。楽しませようというサービス精神が過ぎて軽薄な印象を与えてしまっては残念な結果が目に見えています。
また間違っても自分の結婚願望・家庭像などを熱く語りすぎないようにしましょう。焦りは禁物です。価値観の共有はまだまだ先で問題ありません。なるべく重くなりがちな話題は避けましょう。

 

 

婚活における女性が気をつける男性を落とすテクニック術

 

 

恋愛に対する積極的な姿勢こそが最大のテクニック
このところ若い男性の恋愛に対する無関心や行動力のなさを草食化といって嘆く風潮がありますが、逆の視点でみれば女性もまた恋愛において控えめかつ受け身であり続ける必要はないのです。ガツガツしすぎるとひかれるのではないかとか控えめなほうが女性らしく見てもらえるのではないかなどと古くさい考えに捉われすぎていては数少ない出会いをつかみ損ねてしまい、結局は自らの消極さを後悔する羽目に陥ってしまいます。気にいった男性がいればためらわないで積極的にアピールすることはとても大切なことであって恥ずかしいことではないのです。

 

 

◇小手先のテクニックよりもちょっとした気配りの積み重ねが心を打つ

 

恋愛番組で女性が男性を落とすテクニックを惜しげもなく披露しているのを見ると、こうすれば男なんか手玉に取れるといった凄技を誰しもひとつやふたつものを持っているかも知れません。女性は感性が細やかで相手の気持ちを読み取ることにも長けていますから恋愛においても男性の一手、二手先を行っているはずです。ただし小手先のテクニックでモノにした関係というものは概して壊れやすいものです。ほんとにその男性をずっと留めておきたいなら経験則から得た高度なテクニックよりもちょっとした気配りを積み重ねていくことこそが有効なテクニックです。

 

 

例えば一緒にごはんを食べに行ったとしましょう。メニューを決める際は人任せにせず、きちんと自分の意思で好きなものを選ぶ。また取り分ける食べものなら自分よりも先に男性の分をよそってあげる。
食事をご馳走になったときは次に行くお店がカフェやお茶ならば自分が支払ってみてもいいでしょう。そんなさりげないけれど人柄が浮き出る部分に男性は惹かれやすいのです。そうしたちょっとしたことの積み重ねがいずれ男性の心を動かすはずです。